4DESIGN by D-W 第六段作品 美しい金型
「HANAGATA(はながた)」

■ 9月21日 「美しい金型 HANAGATA(はながた)」発表 ■ 
詳しくはコチラ

 
 
 
 
 
4 DESIGN 作品が世界で最も権威あるプレミアムなデザインアワードのひとつドイツデザイン賞2022 と アイコニックアワードに ノミネートされ、受賞しました。
 
 
 
4 DESIGN 作品が世界で最も権威あるプレミアムなデザインアワードのひとつドイツデザイン賞2022 と アイコニックアワードに ノミネートされ、受賞しました。

NEWS

デザイン会社が目指すデザイン経営は「デザイン価値の見える化」

-2021年11月・12月-
German Design Council(ドイツデザイン評議会)主催の国際的デザインコンテスト「German Design Awards 2022(ドイツデザイン賞)」で2作品が特別賞を受賞、同じく「ICONIC AWARDS 2022: Innovation Interior(アイコニックアワード:イノベーションインテリア)」で2作品がセレクションを受賞しましたことをお知らせいたします。2月のASIA DESIGN PRIZE 2021グランプリと金賞のダブル受賞に続き、当社のデザインが欧州でも認められたことは大きな喜びです。

世界の「賞の中の賞」から支持される、小さなデザイン会社です。
この二つの賞はドイツ連邦議会が後援するGerman Design Council主催の国際デザイン賞であり、世界の名だたるデザイン賞を受賞していることがノミネートの条件となっており、ノミネートをされなければエントリーも出来ない格式が高い賞です。そのためノミネート自体が既に賞賛に価するとされ「賞の中の賞」と称されています。その中で当社のような小規模デザイン会社の作品が4作品もノミネートされ受賞できましたことを誇りに今後も精進して参ります。
「付加価値の見える化」は最大の武器
当社は僕を含めて3名の小さな会社なのですが、この度のノミネートと受賞を頂きましたことで「当社の手がけるデザインは世界的に価値がある。」ということを、プロダクトデザイン発祥の地、ドイツのデザイン評議会が太鼓判を押してくれたと思うと胸が熱くなります。デザインだけでなく、当社の行動する力と実現させる力を世界に知ってもらうことができました。日本では未だ、デザインという無形サービスの対価について原価ゼロ円という思想が根深く、特に私達のような小さな会社は対価を低く見積もられてしまいがちですが、この結果を受けて、当社の「付加価値の見える化」が促進され、結果が出せるデザイン会社として大きな裏付けの一つとなりました。これからプロダクトデザイナーを目指す人が増えて欲しいですし、今後も絶対に必要な職業ですから、目指す価値のある職業であることを知らしめたいですね。「田舎の小さなデザイン会社でも、行動力と実力が伴えば、世界でも通用する。」と、ヤル気を揺さぶれたなら嬉しいです。
  そして、今回の受賞した作品達は、国内でのモノづくり再発見と、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、仕事が激減した町工場の再生を掲げて取り組んだ作品達です。当社も同じく渦中での挑戦でしたので、精神的にも経済的にも苦しい状況ではありましたが、「なんとしても遣り遂げなければ!」という強い使命感が沸きあがり、企画から発表まで、とにかく走り続けた記憶が鮮明に残っています。この結果を、地元の愛知県安城市と、今回新たに取り組んだ富山県高岡市の中小企業の皆様にも、勇気と希望を発信できたのではと自負しております。今後はより裾野を広げ、中部エリアを中心にデザイン経営の概念を相互間で理解し合える企業様と出会えることを期待しています。既に国内外の数社様からデザインや商品企画のご相談をいただいておりますが、リモート体制も万全ですのでエリアを問わず日本全国はもちろんのこと、海外からもご相談をお待ちしています。

プレスリリースは コチラ

有限会社D-WEBERプロジェクトブランド「4DESIGN by D-W」の第六弾

有限会社D-WEBERプロジェクトブランド「4DESIGN by D-W」の第六弾として金型製作企業 株式会社フジタ(富山県高岡市)とのコラボレーション作品 「HANAGATA(はながた)」コンセプトを発表いたしました。 「HANAGATA(はながた)」は誰もが楽しんでモノづくり体験ができることを目的にデザインされたユニークな金型です。

足で扉を開ける道具 ノータッチノブ・プレミアムを発表しました

[ 第三回 感染症対策総合展 ポートメッセなごや 2021年6月17~19日 ]で発表。 株式会社タキオン様(愛知県安城市)のご依頼で意匠コンセプトとデザインを担当しました。今回はセミコラボレーションという新しい試みとなっております。企画立案から展示会までわずか三週間でしたが、「タキオン=光よりも速い粒子」の由来の通り、まさに光よりも速いスピード感を持って素晴らしい試作品が完成しました。TV取材も沢山いただきまして、この商品の可能性と価値を実感することができました。製品化も光よりも速いスピードで叶えてしまうことでしょう。※ノータッチノブは株式会社タキオンの商品です。(特許第6722968号)ノータッチノブ・プレミアムはレストランやエステ、美容室、ブティックなどのサービス業やラウンジをターゲットにした機能と意匠を兼ね備えた新しい感染予防ツールです。※意匠登録出願済み(出願:有限会社D-WEBER)

◎プロモーションムービー youtube→ https://youtu.be/abWzX3RgW5A

◎展示発表訪問の動画を4DESIGNのyoutubeにアップしましたので是非ご覧になってください。砕けた感じのレポートになっていますが、製作者の人のよさも伝われば嬉しいです。youtube→ https://youtu.be/wpWo6xKycfw

シリコンバレー発の未来型ショールーム b8ta(ベータ)

アメリカシリコンバレーが発祥のb8taは、新しい商品、みたことのない商品と出会える展示型店舗です。そのようなところから展示のお話をいただけて本当に光栄です。9月30日まで展示されます。

凱旋展示決定!! 期間:5月15日~6月13日

5月15日から [ soup Life Store ]で展示します。「デザインも製作もぜんぶ安城生まれ」宅配ボックスTOUROU(灯篭・とうろう)、スチールパイプ椅子Re:birth(リバース)[ soup Life Store ]愛知県安城市篠目町竜田86-8 Tel 0566-93-4131  
この二作品は安城市のデザイン会社と町工場が昨年の苦境の中でタッグを組んで挑み作りあげたものです。新聞報道や著名な動画配信ニュースなどで話題となり、二子玉川の蔦屋家電+にも展示されました。ASIA DESIGN PRIZE20201で世界3,187作品中からグランプリと金賞のトップ二冠を獲得しデザインから製作まで半径10キロでも凄いことができる!とモノづくりの魅力と地元の底力PRに貢献できたと考えています。製品化を視野に入れたこの二作品を身近でご覧になっていただけましたら幸いです。

ASIA DESIGN PRIZE 2021 トップ二冠受賞

地元町工場の二社とのコラボレーション作品の 宅配ボックスがグランプリ受賞 スチールパイプ椅子が金賞受賞しました。トップランクアワード二冠を得られたことに自身も驚いていますが、コロナ禍中にあって地域密着と製造業の可能性を見出すことを主眼に取り組んだ活動がこのうような評価として結果をもたらせたことを誇りに思います。One of a kind. ■ 3月8日~5月10日の間「 二子玉川 蔦屋家電+」で展示します ■ ■ 5月15日~6月13日の間「 soup.Life Store 」で展示します ■

ASIA DESIGN PRIZE(アジアデザインプライズ)から受賞者へ送られるメッセージは下記の通り
------------------
Congratulations on your award!
The Asia Design Prize 2021 received 3,187 entries from 36 countries around the world. It was evaluated as a very fair system by 45 judges from 9 countries, including world-renowned designer Karim Rashid. About 9% of all entries (284 designs) were selected as the winners. Congratulations on your award! ( Grand Prize 36 / Gold 96 / Winner 152 )

宅配ボックス[TOUROU(灯篭・とうろう)]コンセプト発表

愛知県安城市のスチール板加工メーカー 有限会社シンケンと手を組み、斬新過ぎる宅配ボックスを発表しました。

スチールパイプ椅子「Re:Birth(リバース)」コンセプト発表

愛知県安城市で70年続くパイプ加工メーカー キムラ工業有限会社と手を組み、美しいスチールパイプ椅子を発表しました。

琉球ガラス「波琉寿」
ASIA DESIGN PRIZE 2020 WINNER
受賞

昨年の瀬戸焼「宝玉」と並んで二年連続の受賞となりました。今後も作品作りを通して沢山の方々と繋がっていければ幸いです。関係者の皆様、ありがとうございました。

琉球ガラスで生命の形と海を表現した「波琉寿」

昨年夏に開始したプロジェクトブランド4DESIGN by D-Wの第二弾として、RGC株式会社(琉球ガラス村 沖縄県糸満市)とのタイアップを実現し、琉球ガラス波琉寿を発表いたしました。 瀬戸焼「宝玉」に継いで、多くの方々に見て触れていただける商品になっていただけたら嬉しいです。 波琉寿の詳細はコチラ

「宝玉」がASIA DESIGN PRIZE 2019で受賞しました。

世界中の企業、個人の作品 1400作品から選ばれたことは大きな喜びです。13ヶ国35名の世界的に活躍中デザイナーの皆様かジャッジいただき、そこで選ばれたことを誇りに思います。3月の受賞式で受賞者の皆様にお会いすることを楽しみにしています。

「アジアを中心に活躍されている企業 作家さん と肩を並べて受賞できるとは思ってもいませんでしたから自分自身が驚いております。でもどうせなら次回はグランプリを受賞したいとも思っている自分。これからも舞い上がり過ぎず、自分らしく今まで通りのスタイルで黙々と取り組んでまいります。」

Ken Mizuno

トヨタ自動車様 本社デザイン棟内で「瀬戸焼 宝玉」を企画展示中※

~ カーデザインで培ったサーフェス造形スキルと匠の技が融合、陶器とは思えない輝きを放つ瀬戸焼「宝玉」 ~  
「ものづくり」を共通のキーワードに繋がった、この機会とご縁に感謝いたします。
活躍中のトヨタ自動車デザイナーの皆さんに見て触れていただき、楽しそうなお顔を拝見して、この作品を生み出して本当に良かったと思いました。
愛知の産業を代表する 「クルマ」 と 「陶芸」 そして「ものづくり愛知」を合言葉に、お互いに刺激しあって日本産業を盛り上げていけたらと思います。
※トヨタ自動車社デザイン職対象の企画展示ですので一般入場はできません
  展示写真はインスタグラムからご覧いただけます https://www.instagram.com/p/Btu5oTzB007/?hl=ja  


GR magazine vol.3 巻末に取材掲載
クルマづくりの技術で伝統工芸に挑んだストーリー

本日発売の GRマガジン vol.3の巻末に
「 瀬戸焼 宝玉 」を紹介していただきました。 光栄にも伝説のテストドライバー成瀬様の当時のインタビューコラムと連続しています。 モータースポーツ と 陶器?
その関係 と 背景 とは?
スープラ発表取材がトップとなった今回の号は、際立って読み応えがある至極の一冊です。
詳しくはGRマガジン本誌で確認ください。
  https://www.kotsu-times.jp/mooks/gr-magazine03


「宝玉」を国内販売
安城のレストランで採用

「中部経済新聞」に取材掲載いただきました。 本年より地元安城市の「 レストラン&ウェディング 花の宴 」様で宝玉が取扱いされます。
花の宴( hana no utage )は地元だけでなく多方から愛されている安城市の和洋レストランです。是非、素敵な時間を花の宴で、宝玉を使った特別な料理を楽しんでください。来店の方に限り、宝玉の注文も可能です。また現在、展示もされています。
このお店が宝玉を置いていただけたこと、大変嬉しく思っています。宝玉を生み出すにあたって沢山アドバイスをいただいた女将さんやスタッフの皆様、そして沢山のチャンスと助言をいただきました、花の宴の母体である株式会社ラ・カーサ 熊澤社長様に感謝申し上げます。
始まりの地ともいえる「ここから」宝玉がはじまります。
■花の宴
http://saryou-sakura.com/

https://www.lacasa.co.jp/


「瀬戸焼 宝玉」を正式販売開始いたしました。
取扱い店・展示施設募集

プレスリリース これが瀬戸焼!?故郷の伝統工芸を再起動させた“宝玉” 2019年初頭の日本発売に向け、取扱店を募集


「これが瀬戸焼!?」
中小企業の技術集約 「まずは見て」

地元中日新聞に取材いただきました。中日新聞オフィシャルサイトにも掲載いただきました。モノヅクリ愛知をキーワードに2019年は地場産業が元気に希望に満ちた年になりますように。


デザイン会社の新たな挑戦 ~宝玉~

地元のケーブルテレビ キャッチネットワーク様から取材いただきました。 中小だからこそできる、地域活性を掲げたブランドアッププロジェクトとして取り上げていただきました。 https://www.katch.co.jp/


「宝飾のような瀬戸焼 商品化」中部経済新聞
「コラボ置物 海外で好評価」中日新聞

地元新聞社様に取材いただきました。地元で取り上げていただけたことに大きな喜を感じています。


4DESIGN by D-W 作品「 瀬戸焼 宝玉 」を発表。
シンガポールからスタートします。
(写真)カペラシンガポール総支配人 Fernando Gibaja 氏と

カペラシンガポールで[ 宝玉 ]の展示が開始されました。さっそくゲストの方々やマネージャーから嬉しい言葉もいただき素晴らしいスタートとなりました。導いて頂いた皆様、カペラ総支配人と総料理長 そして全ての皆様に感謝申し上げます。
展示場所は ライブラリーと呼ばれるVIPラウンジ(米朝首脳会議でランチミーティングをしたエリア)のコンシェルジュデスクと、長期滞在VIPクラブエリアのラウンジになります。 明日は偶然にもシンガポール建国記念日、沢山の方々がカペラに訪れるようで反応が楽しみです。
https://www.capellahotels.com/en/capella-singapore

about us

 4DESIGN® by D-W 

 4DESIGN® by D-W 

4DESIGN® by D-W

商品ありきではなく、縛られることのないデザインにより自社の強みを確立。

モノづくりとデザインの価値を高め、お互い理解し合える関係を企業と築き、コラボレーションをして新たなモノを生み出し、名誉と利益を獲得する。

有限会社D-WEBER 代表の水野建一が舵を取るプロジェクト「for Design」
デザイン、アイデア、信頼の三位一体にサプライズを加えた四身一体の精神を意味している。
ロゴマークは「永遠・継承・ループ」を意味したアンフィニ(∞)の表現を取り入れている。


 
「自らが楽しいと思えるものを。」 誰もが心地よく使えるモノ。そして永く愛されるモノ。
 

It is all about starting from design to a product based on creative freedom.

We wish to enhance the value of combining manufacturing and design, and we also wish to
build a better relationship with each other so that we can collaborate much better to create
new things, and in the end we wish to gain honor and profit.

Mr. Mizuno, a producer and a designer, produces the brand “for Design” which means the spirit of design, idea, and trust with an original touch.
The logo mark expresses “Anfini” which means “eternity, inheritance and loops.


 

"What I think is fun". Things that everyone can use comfortably. Things that can be loved for a long time.
 

水野 健一 Kenichi "Ken" Mizuno

プロフィール
1970年生まれ。店舗デザイン会社・自動車用品メーカーの製造部門で経験を積み設計開発部門を経て企画部チーフデザイナー・自動車メーカー系商社でマーチャンダイザー・2000年より個人デザインオフィス開業後、2003年に愛知県三河エリアに有限会社D-WEBERとして法人化、現在に至る。作家活動として Rhino 3D / Adobe CC / などを用いたプライベート作品を年に数点発表。多くのデザイナーが愛用する 3D-CAD 「Rhinoceros」日本総代理店 アプリクラフト社 Rhino Designer INDEX掲載。2021年からJIDA(日本インダストリアルデザイナー協会)正会員
 
GERMAN DESIGN AWARD 2022 ノミネート・特別賞2作受賞
ICONIC AWARDS 2022: Innovative Interior ノミネート・セレクション2作受賞

ASIA DESIGN PRIZE 2018 ファィナリスト
ASIA DESIGN PRIZE 2019 受賞
ASIA DESIGN PRIZE 2020 受賞
ASIA DESIGN PRIZE 2021 グランプリ受賞・ゴールド受賞


Profile: Kenichi Mizuno
Born in 1970, in Seto city, Aichi Prefecture. He has been a chief designer since 1992, and started his own studio in 2000. He is mainly involved in projects in the car industries. He is also active overseas. JIDA (Japan Industrial Designers' Association) Member. In addition, under the original brand [ 4-DESIGN by D-W ] that he started himself, he has announced a number of design products that pursue originality with respect for tradition and materials. He has recently produced works focusing on small local factories. And he works with the city's public relations department to disseminate its appeal to the world. He has won many awards for his work. It is all about starting from design to a product based on creative freedom "What I think is fun". Things that everyone can use comfortably. Things that can be loved for a long time.
 
GERMAN DESIGN AWARD 2022 SPECIAL×2 & NOMINEE×2
ICONIC AWARDS 2022: Innovative Interior celection×2

ASIA DESIGN PRIZE 2018 FINNALIST
ASIA DESIGN PRIZE 2019 WINNER
ASIA DESIGN PRIZE 2020 WINNER
ASIA DESIGN PRIZE 2021 GRAND PRIZE & GOLD WINNER

 
 
 
 

 

 

 

 
 

 NEXT PROJECT 
 NOW WORKING 


有限会社D-WEBER / 4DESIGN®事業部  CONTACT

446-0045愛知県安城市横山八左20-2 Bureau Yokoyama テナントB棟-3
TEL  : 0566-89-2934

お問い合せ専用モバイルTEL : 070-1672-4040 営業日の 9:30~18:30 のみ対応。

Copyright 4DESIGN by D-WEBER inc. All Rights Reserved.